末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

米国不動産投資(1) ― ダラス編

これまで、ベトナムやカンボジアなど東南アジア諸国での不動産投資についてご紹介してきました。

今回は米国です。先日、新たに2箇所の不動産を購入しましたのでご紹介したいと思います。

安定した成長を続ける米国、低リスクの投資

東南アジア諸国への投資の魅力は急激な経済成長です。それに対して、米国不動産投資に求めるものは安定成長です。先進国の中でも、米国はこれからも人口が増えていくと予想されています。

東南アジア諸国と同様、人口の増加は経済成長につながります。米国経済も安定して成長を続けていくでしょう。

また、米国では中古不動産市場が非常に活発です。経済の担い手となっているミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭までに生まれた人)の住宅需要が多くなっていることも要因のひとつといわれており、中古不動産価格の上昇が予想されています

さらに、世界で通用する米ドルでの取引も大きな魅力のひとつといえます。

GDP世界12位・全米No.1の人口増、
しかしながら東・西海岸より安価

1箇所目の購入はテキサス州北部の都市ダラスです。

ダラスの経済成長はめざましく、近年名目GDPの伸び率はニューヨークやロサンゼルスなどの大都市を大きく上回っています

また、デルやテキサス・インスツルメンツなど世界的なIT関連企業が本社を置くなど、テキサス州は以前から多くの企業の拠点とされています。さらに最近では本社北米トヨタがダラス郊外に移転したこともあり、テキサス州の人口増加率は、全米でトップクラスとなっています。

地図で見ても、ダラスは東西アメリカの中央に位置するため、交通アクセスがよいことも特長です。陸路では需要な交通の中継点となっていますし、テキサス州には25を超える空港があります。

発展を続けているダラスですが、実はニューヨークやロサンゼルスなどに比べると1/3程度といわれるほど、不動産価格が安価です。東南アジアほど高リターンを求めることは難しいかもしれませんが、低リスクで成長の期待できる不動産を購入することができるのです。

不動産購入のためLLC(現地法人)を設立

今回、私は、不動産購入のために米国で現地法人LLC(Limited Liability Company)を設立しました。LLCは小規模の法人形態で、もし仮に、所有不動産で訴訟が起こった場合、LLCだけの有限責任になる等のメリットがあります。

購入したのは、アパートメント1棟です。

売主のブラックウッド社の代表デイビット(写真)は気さくな人柄の青年です。彼のオフィスを訪れると、スタッフのみなさんも歓迎してくれました。

売買契約は「タイトルカンパニー」を経由

米国では、不動産売買の際に売主と買主が直接契約するのではなく、「タイトルカンパニー(Title Company)」に所有権移転等の代行を依頼することが慣例となっています。

手数料はかかりますが、第三者が間に入ることで売主・買主ともに安心して取引を行うことができます。

契約にともない、「Texas Republic Bank」にて銀行口座も開設しました。

さらに、アパートメントの管理会社「BUTLER」を訪問、これからおまかせするアパートの管理について話し合うこともできました。

環境と仕事に恵まれた街

緑に囲まれたアパートメントの近隣には、週末になるととても賑わう人気のレストランもあります。

仕事が多く環境のよいダラス、これからもどんどん人が集まり、さらに発展を続けることでしょう。

次回は、サンディエゴの物件をご紹介します。

[出典]
https://www.google.co.jp/maps
http://www.populationpyramid.net/
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2016/4a7eb1b76a8e0e00/5_all_rev2.pdf

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 常務理事
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/soudan/

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: 第2章 IPA、IPVとは?

橋本秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 人気アパートのつくり方①少しの工夫が入居率を上げる

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: 【No.20】 各国の不動産投資の現状 〜ベトナム編 その 4 ホーチミンの不動産で狙うべき場所は?

佐藤益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: 国の空き家対策から考える 生き残る賃貸住宅の基準

菅井敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第十回「海外管理会社とのトラブル、傾向と対処法」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 住宅を購入して、10年後に売却することを考えてみる

猪俣淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: スルガ銀行第三者委員会調査報告書

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 16.日本政策金融公庫で不動産融資を受ける方法

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ