末永 照雄の不動産投資コラム

シリーズ連載: 失敗しない不動産投資の法則

LIFULL HOME'S 不動産投資コラム

米国不動産投資(2) ― サンディエゴ編

先進国のなかではめずらしく、将来の人口増加が予想され、今後も順調な経済成長が見込める米国。前回ご紹介したダラスに加え、サンディエゴで購入した不動産をご紹介いたします。

世界的に人気、カリフォルニア州第2の都市

米国西海岸に位置するサンディエゴは、一年中温暖で雨が少なく、4月から10月はほとんど晴れ。夏も湿気が少なく、世界でもっとも気候がよいといわれています。

風光明媚な海岸線やダウンタウンに隣接した広大な公園など、豊かな自然が満喫でき、さらに、都市としての利便性をあわせ持つサンディエゴは、世界的にも人気の高い街です。

観光のほか、ITや医療関連の企業、調査・研究所などが設立されていることもあり、若い優秀な人材が集まってきています。海軍や海兵隊の基地も多く、サンディエゴはロサンゼルスに次いで人口の多い、カリフォルニア州第2の都市です。

価格押し上げの一因となる開発規制

人気の高さに加え西海岸最大の軍の街でもあり、さらにメキシコと国境が接しているためテナント需要の多いサンディエゴですが、実は環境や景観を守るために厳しい開発規制があります。

ビルの新築や既存物件への改修などに制約があるため、簡単に住戸やオフィスを増やすことができません。それが中古不動産の価格押上げの要因ともなっています。

サンディエゴでは、築年数が経った建物でも、リフォームやリノベーションを繰り返すことで高い物件価値を維持できるのです。

自由闊達な雰囲気のオフィス

日本からのアクセスもよく、快活な街サンディエゴ。今回投資したのは、オフィスです。

サンディエゴは空港からダウンタウンまでとても近いという利点があります。米国の大都市の多くは空港から遠いのですが、サンディエゴの場合、タクシーやトロリー(トラム)でも10分から15分くらいで中心地に到着します。

また、この規模のビルとしてはめずらしく、地下に2階分の駐車場があり、従業員からは通勤に便利だと評判がいいそうです。

テナントに不動産会社が入ったオフィスも見学させていただきました。広いスペースをゆったりと使った明るいオフィスです。

オフィスでの一人あたりのワークスペースも、日本に比べてとても広く、共有のラウンジでは食事をとりながら、くつろぐこともできます。

壁に飾られているポップな絵画やスマートなインテリアが、西海岸らしい自由な空気を感じさせてくれます。社員の方もみなフランクに対応してくれました。

安定した将来性が魅力の米国不動産投資

ダラス編でもお伝えしましたが、米国は今現在でも安定した成長を続けています。米ドルは世界でも信頼性の高い通貨ですし、米国への不動産投資は比較的リスクが少ない安定した投資といえます。

ダラスもサンディエゴも人の集まる大都市です。これからも投資先として注目されることでしょう。

[出典]https://www.google.co.jp/maps

【このコラムの著者】

末永 照雄

株式会社アミックス 代表取締役社長
公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 常務理事
全国賃貸管理ビジネス協会 理事
特定非営利活動法人 IREM JAPAN副会長

昭和31年8月2日、東京生まれ。上智大学在学中、実家である不動産会社の手伝いを機に不動産事業をはじめる。大学卒業後、株式会社アミックス入社。会社経営に参画しながら、独自の視点で不動産投資を展開し、成果をあげる。現在はその豊富な知識と経験をもとに、投資や経営のアドバイザーとして、セミナーでの講演や相談会など積極的に活動中。趣味はジョギング・水泳・登山。

□ブログ:
アミックス社長ブログ「オーナー様へお伝えしたいこと」
http://www.amix.co.jp/blog/

□個別相談会:
金持ち地主でありつづけるための「土地オーナー様個別無料相談」
http://www.amix.co.jp/soudan/

□著書:
「少子化時代に成功する賃貸住宅経営は、東京圏・単身者・アパートしかないんです!!」

他のコラム著者も見てみる

不動産投資家によっても違いは様々。
LIFULL HOME'Sが厳選した不動産投資家や専門家のコラムから色々な不動産投資スタイルを吸収してライバルに差をつけよう!

風戸 裕樹

シリーズ連載: 初心者のための東南アジア投資ガイド

最新コラム: 第2章 日本の不動産市場と海外投資(3)

金井 規雄

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

最新コラム: あとがき

橋本 秋人

シリーズ連載: 実践派コンサルタントが見たFP的不動産投資事情

最新コラム: 人気アパートのつくり方(5) 不動産投資判断に最も大切なこと

LIFULL HOME'S PRESS

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

最新コラム: 新たに始まる「住宅ストック循環支援事業」は特色のある制度に

田中 圭介

シリーズ連載: ASEAN地域の海外不動産投資の現状

最新コラム: No.31 2019年フィリピンの不動産マーケット その2

佐藤 益弘

シリーズ連載: 不動産投資を始める前に知っておきたいこと・始めた後に確認したいこと

最新コラム: いまさら聞けない 相続のルール・・・改正されました その1

菅井 敏之

シリーズ連載: 誰も教えてくれなかった「銀行」~その傾向と対策~

最新コラム: 【第四回】必ず行っておきたい、銀行との「コミュニケーション」

LIFULL HOME'S不動産投資フェア

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

各出展企業インタビュー記事はこちら

LIFULL HOME'S マーケティング部 データ編集担当

シリーズ連載: ユーザーの本音から探る不動産投資

最新コラム: 将来性を秘めた街 『都心』エリア

鈴木 学

シリーズ連載: 海外物件の管理

最新コラム: 第十二回「投資家の自己責任vs業者の説明責任」

石渡 浩

シリーズ連載: 不動産投資に有益な融資を受けるための知識

最新コラム: 第4回 税引後キャッシュフロー偏重の盲点 銀行は決算書のここを見る(後編)

北野 琴奈

シリーズ連載: 今後はどうする?不動産投資と資産形成・運用の考え方

最新コラム: 不動産価格の変化で感じること

猪俣 淳

シリーズ連載: 猪俣淳の「不動産投資の正体」

最新コラム: 公務員の不動産投資について

右手 康登

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

最新コラム: 島国の中での常識 VS グローバルスタンダードを知ることの重要性

寺尾 恵介

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

最新コラム: 20.配偶者に不動産投資を反対されないために(前編)

伊藤 英昭

シリーズ連載: 伊東英昭氏の不動産投資コラム

最新コラム: vol.13 マンションと高級車

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

ページトップへ