LIFULL HOME'S 不動産投資  >  不動産投資用語集  >  ペイオフとは?

不動産投資 用語集

ペイオフとは?

ペイオフとは、民間の金融期間が破綻した場合に、預金保険機構が預金者1人あたりの元本1000万円とその利息を直接支払うこと。
一つの金融機関ごとに、普通預金、定期性預金などのように金利のつくもの併せて1000万円とその利息まで保護されるが、それを超える部分は保護の対象とならない。また一部、例外として金利のつかない決済性預金は全額保護の対象となる。
今までは段階的に保護の対象を縮小してきたが2005年の4月に全面解禁となったことにより、一段と金融機関の財務内容、格付けが注目されるようになった。ペイオフの対策として、複数の金融機関に資金を分散させたり、さまざまな金融商品、投資商品に資金が流れると予想される。

関連するジャンル

「ペイオフとは?」ペイオフの意味を解説。不動産投資用語集。【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

  • 不動産情報サイト事業者連絡協議会
    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。