不動産投資 不動産投資用語集 隣地斜線制限とは?

不動産投資 用語集

隣地斜線制限とは?

隣地斜線制限とは、建築基準法に定められる斜線制限のひとつで、隣地の日当たりや風通しの維持のために定められる建物の高さの上限規定のこと。
建物の高さを隣地との境界から一定の高さを起点とする斜線の範囲内に収める必要があり、起点の高さは住居系地域で20m、それ以外の地域では31mと定められている。第1種低層住居専用地域・第2種低層住居専用地域を除く用途地域で適用される。

関連するジャンル

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

「隣地斜線制限とは?」隣地斜線制限の意味を解説。不動産投資用語集。【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

  • 不動産情報サイト事業者連絡協議会
    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。
  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。