不動産投資 不動産投資セミナーを探す 東京都 あなたはどっち派? ローンを活用して国内区分マンション、現金活用で海外不動産。 適正診断セミナーのセミナー詳細

このセミナーへの応募は終了致しました。

あなたはどっち派? ローンを活用して国内区分マンション、現金活用で海外不動産。 適正診断セミナー

区分/その他

あなたはどっち派?
ローンを活用して国内区分マンション、現金活用で海外不動産。
適正診断セミナー

2020年09月20日(日) 13:00~15:00(12:45開場)

  • 不動産投資全般
  • 海外不動産投資
  • 出口戦略
参加費 無料 定員 10 名
会場 東京都 千代田区鍛冶町2-6-2 上野ビルディング8階 株式会社COLORS
地図を見る
交通 JR・東京メトロ神田駅東口徒歩1分(1階にみずほ銀行が入っているビル)
備考 主催 株式会社 COLORS 本店
> この会社のセミナー一覧(2件)
物件タイプ 区分マンション その他 対象者 初心者向け オーナー向け

セミナー内容

あなたは、ローンを活用して国内不動産を所持したいですか?

それとも現金を活用して海外不動産を所持したいですか?



他人資本で安定資産を築くのか、現金購入によるキャピタルゲインを得るのかなど、メリットとデメリットはどちらにも存在します。先ずはメリット、デメリットをしっかり理解することで、これまでとは視点が変わるかもしれません。



先入観や固定概念を取り払いながら今回のセミナーを受講することで、本当にあなたに合う不動産はどちらなのかが分かるキッカケにもなり、新たな道がひらけるでしょう。



講師は、国内や海外不動産の営業マンとしての豊富な経験を活かしたセミナーを得意とし、日経セミナーにも登壇しました。


なんと年間売上は87億円にものぼり、驚異のリピート率を誇ります。



そんな不動産投資のプロがあなたにあった物件をご紹介します。



お客様によっておすすめできる商品が異なる場合があるため、先ずはセミナーで商品理解をしたうえで、最適な物件をご紹介させていただきます。



~~~Webセミナーなら自宅のPCやスマートフォンから気軽にご参加いただけます~~~
・対面式だと営業されそうで不安だった
・わざわざ会場に行くのが億劫
・周りの人が気になってしまう
そんな懸念もWebセミナーなら解決できますし、思っていたような内容ではなかった場合、
途中で退出することができるのもメリットの一つですので、まずは参加のお申し込みをお願いいたします。

※本セミナーは多数の申込みが予想されるため、先着制になります。
お申し込み時に定員に達していた場合、スタッフより別途ご案内させていただきますので、ご了承いただけますと幸いでございます。
※本人確認の為、当日は免許証と保険証をご持参ください。お忘れの場合、参加をお断りさせていただきます。
※前日の17時までに最終の参加確認ができなかった場合はキャンセル扱いとさせていただく場合がございます。

講師紹介

F753661c6ec779086fa64c9ed071e480

Asuka Miyakoda 氏
株式会社COLORS 国際事業部

写真

  • F22a76c9098bafa3d7ec2b4954ad49bc

  • 564481ccf5d4d842551d116f9333a232

  • 29b9dba05a226670a2037bc77b696b9c

このセミナーと近いテーマのセミナー

このセミナーと同じ条件でセミナーを探す

エリアから探す
東京
物件タイプから探す
区分マンション
その他
テーマから探す
不動産投資全般
海外不動産投資
出口戦略
対象者から探す
初心者向け
オーナー向け

※ No.1表記について:不動産投資ポータルサイトが掲載をする物件数統計 2020年6月時点(フジサンケイビジネスアイ調べ)

あなたはどっち派? ローンを活用して国内区分マンション、現金活用で海外不動産。 適正診断セミナーの不動産投資セミナー詳細【LIFULL HOME'S 不動産投資】あなたはどっち派? ローンを活用して国内区分マンション、現金活用で海外不動産。 適正診断セミナーの不動産投資セミナーをお探しなら、まずは掲載中の不動産投資セミナーを地域や開催日で検索し、物件タイプや不動産投資セミナーテーマで絞り込み!気になる不動産投資セミナーを見つけたらセミナーの詳細内容やセミナー写真からセミナーの雰囲気をイメージ出来ます。不動産投資セミナー主催者へはメールでお問い合わせ・相談が可能です(無料)。あなたはどっち派? ローンを活用して国内区分マンション、現金活用で海外不動産。 適正診断セミナーの不動産投資セミナーをお探しなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】